分からんな。。。

ちょっと前に「燃料みたいな臭いがするんです」と来店時に軽く点検したビートが車検で入庫。

その時も下の写真のゆな状況で。。。
ガソリンがにじみ出ているような感じではなく、今後インジェクター周辺のゴム関係の交換を推奨
image2_20180321082625831.jpeg
今回車検時にも確認したのですが、良く見ると。。。3番INマニ周辺に少し燃料が滲んだ跡?が

そこでIGをONの状態で燃圧をかけて少し放置すると。。。おやおや(滝汗)
image3_2018032108262777e.jpeg

3番インジェクター → ×
image4_20180321082700c1b.jpeg

2番インジェクター → ○
image5_201803210827016f0.jpeg

1番インジェクター → ×
image6_20180321082703df4.jpeg

こんなに滲んでいました^^;;
image7_20180321082704469.jpeg

走行中の熱で蒸発していると分からないレベルのものもあるんですね。(怖)
そうなると、漏れが目視で確認可能な程と言うのは初期症状ではないのだと思い知らせれました^^;;

今後はこの周辺を少し分解し確認が必要になります。

昨日の続き

走行距離が2万km以下の極上ビートの点検。
image1_20180315195026490.jpeg

昨日紹介した燃料ホースに、再販されたジョイントホースも交換の為燃料タンクの上のハッチを開けると
image2 - コピー
何やらタンクの上に染み出ている形跡が^^;;

とりあえずポンプを抜いてみると。。。サビはない。
image3_2018031519503179d.jpeg
でも、抜く前からポンプは新車当時ものではないのが確認出来ていたのですよね。

で、タンクは新車当時ものなので嫌な予感はしていたんです。
image4_20180315195055adb.jpeg
下側にサビが沈殿しているのが分かりますか?

フューエルゲージも未交換です。
image5_201803151951050e1.jpeg

タンクを外してみると、上下のタンクの接合部分周辺?から一番多くガソリンが滲んでいました^^;;
image1[537]
分解した訳ではないので、錆によるものだと断定は出来ませんがガソリンが滲んでいたのは確かです。

新品の燃料タンクに交換し作業は完了!
image5 - コピー (3)

このビートは。。。
遠く異国の地に旅立つ予定なんです!
日本を離れても元気でな!



距離は少ないんだけど。。。

走行距離が2万kmに満たない極上ビートの点検。。。

エンジンルームも非常に綺麗で、とても良い環境で保管されていたんだろうと推測する個体
image6 - コピー (2)

それでも、目を懲らしてみると。。。
image1 - コピー (3)

ホースとOリング周辺から燃料がにじみ出た形跡が^^;;

距離ではなく、年数なんですね。
いつ漏れ始めるか?は私にも分かりませんので、未交換の方は予防交換を強く推奨致します!

先週末に。。。

先週末に車検でご入庫のため弊社に向かう途中で、エンジンが止まってしまったの連絡が^^;;
任意保険のロードサービスで弊社に緊急入庫!

症状は少し前からメーターのチェックランプが点灯していたとのこと。
弊社までの道のりでも、何度かエンジンが停止→再始動→停止を繰り返してきたとか^^;;

到着早々にECUを交換してみると無事復活!
この車両は走行距離が2.5万km前後と走行も少ない上に非常に程度も良い車両。

いざECUを開封してみると。。。
image3 - コピー (2)

一番多く漏れるコンデンサー周辺は漏れていないのですが。。。
image4 - コピー (2)

厄介な「HIC1」の近くのコンデンサーが破裂し、HIC1が酷い状態に^^;;
image5 - コピー

よりによって。。。このコンデンサーが酷く漏れているなんて(涙)
image6 - コピー

修理対応の場合リスクを非常に生じる箇所だ重傷でしたので、今回は新品交換を決意!
image1 - コピー (2)

メインリレーも新車当時ものでしたので、交換し無事に復活!
image2 - コピー (2)

くれぐれも。。。
ランプが点灯している時は、無理して走行しないで下さいね^^;;

ついにこんな状態のものも。。。

定休日も重なりブログの更新も疎かになってしまいました^^;;
もちろん、お休みなど取らず頑張って働いていましたよ(笑)

そんな中、ついに懸念していた状態のビートが発生!

車検整備でブレーキを点検しようとキャリパーを見ると。。。
image3_20180313101049663.jpeg
いやな感じにウエット状態(滝汗)

キャリパーを外してみると、ダストブーツには大量のブレーキフルードが^^;;
image4_2018031310105000f.jpeg

ブーツをめくると、フルードが次から次へドロドロと。。。
image5_201803131010526cf.jpeg

分解したところ、キャリパーピストンに錆&傷がありそこから漏れ出していた模様。
ダストブーツには外傷はなく、ゴムの経年劣化で水分が侵入し錆が発生したと推測されます。

万が一このまま走行し気がつかずにフルードがなくなってしまったら。。。
そんなことを考えると、やはりブレーキOHは必須整備ですね。
プロフィール

bodyshopkamimura

Author:bodyshopkamimura
BODY SHOP KAMIMURAがホンダの町「小川町」で悪戦苦労する毎日の小さな事柄を綴っていきます!
更新が精いっぱいでコメントまで手が回りませんので、ご質問等は直接メールにてお願いいたします^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
BODY SHOP KAMIMURA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR