FC2ブログ

エアコンガス漏れ

今回のご依頼は完全にガスが抜けきっている車両のエアコン修理!
各Oリングのl交換ももちろんですが、漏れが確認出来る場所の交換を前提に作業開始!

コンプレッサーからも既に漏れています。
IMG_3514_convert_20191224091041.jpg

シャフトシールの交換も可能ですが、マグネットクラッチも巻き替え済みのリビルト品へ交換!
IMG_3516_convert_20191224091115.jpg

エバポレーター周辺も漏れています。
IMG_3529_convert_20191224091407.jpg

もちろん同時にエキスパンションバルブに付随する物も交換!
IMG_3530_convert_20191224091424.jpg

ホースからの漏れは確認出来ませんでしたので、とりあえず再利用します!
いつもで入手可能か?が分からない以上、入手可能な部品は予防修理がベストです!

クラッチが重くて、ギアが入らない。。。

今回一般修理で御入庫のビートのご依頼は
①クラッチが他のビートに比べて重い
②アイドリング中の停車時にギアが入り難い(入らない) と言うご相談!

入庫後に実際に確認すると。。。
確かにエンジン停止中と走行中のギアの入りは問題無いのですが、アイドリングで車両が停止している状態では
どのギアも入り難いと言う非常にレアなケース!!
クラッチワイヤーやクラッチマスター&スレーブの動きに問題がない事から、クラッチ関連の部品に
何かトラブルがあるのでは?と推測し、メインシャフトベアリングからも既に異音が発生していましたので
MTのOHを前提に分解するためにお預かりすることに!

実際に降ろしてみると。。。


クラッチが重い原因は、予想通りグリス不良の為レリーズベアリングがスムーズに動いてない事でした。
この個体は以前エンジンとMTを降ろして分解した形跡があり、その際にグリスの選定に問題があったのでは?と

このレリーズベアリングを外して見ると。。。


映像の通りレリーズとフォークの接点が劇的に削れていることが判明しました!
どうやら、ここの削れが大きくてクラッチレリーズベアリングのストロークが短くなり、クラッチが切りきれないと言う
症状が発生していたものと思われます。
ここもグリスの選定が少なからず影響した物と推測されます。

MTを分解しメインシャフトベアリングを確認してみると。。。

やはり、異音が発生してます。
※デフのベアリングと同形状のベアリングですが音が全然違いますよね^^;

ベアリング類を全て新品へ交換し無事に修理完了です♪

盛大に漏れています(滝汗)

車検でお預かりのビートの点検中に、弊社の確認項目の1つ「ブレーキマスター漏れ」の確認を実施。
徐々に滲んでブースターに錆が出ているのは「次回OH推奨」とするのですが。。。

今回のブレーキブースターは・・・
IMG_3470_convert_20191217105931.jpg

「フルード滲み」ではなく「フルード漏れ」でした。
IMG_3454_convert_20191217105910.jpg

上の写真では分かり難いので外した写真です!
IMG_3480_convert_20191218163522.jpg

フルード減少と言う症状につながる事ですので危ないのはもちろんですが、ブースターへの悪影響考えると
やはり早々にOHを実施頂くことが大切ですね!

こうなる前の予防修理が大切なのはもちろんですが、この場所であればユーザー様ご本人で確認をすることも
可能ですので、時々点検してあげて下さい!

困ってしまうんえすよね(滝汗)

弊社では車検や点検(状況で一般修理の際も)の際にはデスビの錆チェックをついでに行います。

そんな時に困ってしまう事があります。

通常のデスビキャップのボルトはこんな感じなんですが。。。
IMG_3425_convert_20191213150942.jpg

既にこのような状況になっているとお手上げです(滝汗)
IMG_3424_convert_20191213150918.jpg

バイスなどで回そうとしても、ボルトが固着して切れるだけ。。。
デスビに残った切れたボルトを除去するのも至難の業^^;

やはり定期的に点検することで固着の防止をする上に、キャップの交換も推奨して行きます!
とくに、弊社で初めて拝見する個体は怖いです^^;


まだ、多発とは言えないが。。。

今回タイミングベルト交換等でお預かりしたビートの下回りを覗いてみると。。。

IMG_3411_convert_20191213094014.jpg

ウォーターパイプCOMPから冷却水がにじみ出しています(滝汗)

こうなると、「漏れ」と言う状況になるまでに時間はかからにでしょう。

この場所が錆びやすく溶接箇所などか今後漏れる車両も増えるだろうと予測されます。
現時点では「多発」とまでは言いませんが、予防交換を推奨している部品です!
プロフィール

bodyshopkamimura

Author:bodyshopkamimura
BODY SHOP KAMIMURAがホンダの町「小川町」で悪戦苦労する毎日の小さな事柄を綴っていきます!
更新が精いっぱいでコメントまで手が回りませんので、ご質問等は直接メールにてお願いいたします^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
BODY SHOP KAMIMURA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR