昨日納車させて頂いたオーナー様へ

昨日Tベルを水回り&ブレーキをメンテナンスさせて頂きお引き取り頂いたオーナー様!

交換した部品をすべてお見せし(油脂類除く)ご納得頂いてお帰り頂いているのですが。。。
1点だけ事務所の外に置いてあるのを忘れてしまって、説明しなかった部品をこの場を借りてご紹介(笑)

納品書にあります「ウォーターパイプCOMP」と言う部品なのですが、下側からペイントされ隠されていましたが
image5_20170610190351eae.jpg

実は外して裏側から見るとこんな感じで
image2_20170610190344bdc.jpg

至る所に錆が出ていて
image3_20170610190347978.jpg

ここは少し滲み始めていました。
image4_201706101903496b6.jpg

全体的にはこんな部品です!
image1_20170610190342ff0.jpg

最近あまりにも交換が当たり前すぎてネタにしませんでしたが、下から隠してペイントしていると分かりませんが
外してみると意外にこう言った状況になっているものもあるんです^^;;

昨日はバタバタとしていてちゃんとご説明が足りずに申し訳ありませんでしたm(_ _)m

抜けない^^;;

今年初めに車検のご依頼を受けた際に、次回課題としてご提案していたTベルト交換のご依頼を受けたビート君。

入庫の直前になりもう1つ課題としていた「ブレーキOH」が課題ではなく不具合に^^;;
そう、ブレーキが引きずりを始めたようです^^;;
ご指摘していたのはリア側(OHは4輪推奨していましたが)だったのですが、今回引きずり出したのがフロント。
走行後に左右のホイールを手で触っても明らかに片側は熱くて^^;;

さて、問題のフロントを分解しようとしてもピストンが出てこない^^;;
軽く叩いて出そうとしても出ないほどの固着状態(滝汗)

その時ご来店頂いていた仲間内の一言で閃き♪
image1_2017060908511133e.jpg
プレスでピストンを抜いてみました(笑)

もちろんピストンは再利用NG
image2_20170609085113ffa.jpg

ダストシールは外観上は切れたりしていませんでしたが、溝の部分には錆が
image3_2017060908511578d.jpg

キャリパー本体にもこれだけ錆が残ってしまいます。(←これでも軽くブラシをかけて洗浄したんです)
image4_20170609085116c81.jpg

仕方ないのでブラストで綺麗に処理しキャリパー本体は再利用しました。
グリースが切れた頃には再度OHが必要となるので、走行距離や環境にもよりますが車検2回に1回はOHが必要かもしれません。

これも増えるのかな?

スピードメーター不良でメーターのOHをご依頼にお越し頂いたユーザー様。
スピードメーターだけではなく、オドメーターも不動と言うことだったので、レンタルのメーターに交換する前に
まずは車速センサーのカプラーを確認してみる。。。
image8_20170607093816f6a.jpg

右側が取り外した車速センサーで左がストックの中古のセンサー
image5_20170607093756e99.jpg

ピンボケで見難いのだが^^;腐食しているのが分かると思います。
image6_20170607093758f3e.jpg

一般的にはこのように綺麗なのですが^^;;
image7_20170607093759076.jpg

カプラー側を覗いてみても腐食しているに決まっていますよね^^;
image9_2017060709381756e.jpg

センサーのみ交換したらメーターは動くようになったのですが、錆びる理由を絶たなければ同じことの繰り返しです。
image10_20170607093819cc9.jpg

カプラーの防水ゴムキャップ?と端子を交換し中古センサーにて対応し無事に帰宅されました。
今後はスピードメーター(オドメーターも)が不動の症状が出た時には、自分で覗いて確認して見て下さい!

先日来ご紹介の。。。

先日来ご紹介しています1600km台走行のビート君。
実はエアコンも作動しない状態での入院でしたので故障探究のご依頼を受けていました。
取りあえずガスが全くなかったので真空引きを実施してみると。。。

[広告] VPS

エアコンのリキットタンクからエアを吸っている状態(滝汗)
指で押さえるとゲージが真空方向に向かっていくのが分かると思います。

漏れていたのがこの部品!
image1_201706050833568a9.jpg
左が現在入手委可能なビート用の純正部品(少し形状は異なりますが同じ役割です)
穴が開いているのが目視でも分かりますよね。

リキットタンクの役割は
①コンデンサーとエキスパンションバルブの間に取り付けられていて、コンデンサーで液化した冷媒を、
 冷房負荷に応じてエバポレーターに供給できるよう一時的な冷媒の保管庫
②ストレーナーと乾燥剤が封入されていて、冷凍サイクル内の「ゴミ」や「水分」を取り除くためのフィルター
なのですが、今回はこの部品の損傷でガス漏れを発生していたのが原因でした!

真面目に。。。

最近登場の機会が非常に多いのですが。。。
真面目に点検もしくは予防交換が必要な時期に来ています。

先週末に預かった2台の実走行4万km台のビート。。。
車検整備してみると・・・
image1_20170605082936316.jpg

あきらかに真ん中のインテークが変色しているのが分かりますよね!
image2_201706050829385a0.jpg

2番からガソリンが滲んでいました。
image5_2017060508294398b.jpg

実際に外してみると、他の箇所からもうっすらと。。。
image4_20170605082941507.jpg

もう1台はさらに深刻なほどで。。。
image8_20170605083043b6d.jpg

ここのクッションから滲んでいるようです!
image9_20170605083045659.jpg

車検や点検の際には、この写真を印刷し「こんな風になっていないか?見て」と申し出て下さい。
26年目の車歴だからこそ発生するトラブルなので、こちらからアプローチが大切です!
プロフィール

bodyshopkamimura

Author:bodyshopkamimura
BODY SHOP KAMIMURAがホンダの町「小川町」で悪戦苦労する毎日の小さな事柄を綴っていきます!
更新が精いっぱいでコメントまで手が回りませんので、ご質問等は直接メールにてお願いいたします^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
BODY SHOP KAMIMURA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR