今回の不動の原因は。。。

今回ロードサービスで運搬されてきたビートの症状は

【クラッチが切れたまま繋がらない】
 ・クラッチをいっぱいまで踏み込んだ時、クラッチペダルが戻らず、クラッチが切れたままの状態になる。
 ・手でクラッチペダルを戻しても、クラッチは切れたままの状態。(ペダルは踏み応えなくスカスカ)
 ・暫く(5~10分ほど)放置すると、自然回復する。
 ・回復後、クラッチをいっぱいまで踏み込むと再び切れたままになる。
 ・回復後、クラッチをいっぱいまで踏み込まない(7割程度)状態であれば切れたままの状態にはならない。
  (ただし、切れたクラッチが戻るスピードが遅い?ようで、ワンテンポ遅れて繋がる感じがする)
 ・後に放置しても回復せずクラッチが切れたままで、ペダルは踏み込めない。
と言う症状でのご相談の上での入庫でした(そのままコピペさせてもらっています^^)

原因はクラッチスレーブの固着か、クラッチディスク周辺のトラブルだろうとスレーブ確認!
image1_2017080117341983d.jpg

良く見ると、スレーブが押されたままの状態になっているではないですか!
image2_20170801173422a51.jpg

スレーブを取り外そうとしても。。。ピストンが押し出されてたままの状態なので固く^^;;
image3_2017080117342407d.jpg

何とか外してブーツを外してみると真っ赤(滝汗)
image4_2017080117342646f.jpg

指で押してもピストンはまったく動かず固着していました^^;;
image5_20170801173428ea1.jpg

恐らくスレーブのカップからフルードが漏れ、趣味車両として時々乗られる状況でしたので固着したのだと推測。
やはり適度に乗りながら、定期的な消耗品の交換が必要になってきます。

スレーブ内部の固着に関しては、車検や12か月点検では点検しない項目ですので私にも分からないんですよね^^;
※もちろん正常に作動しているか?は確認しますが、内部の状況がどうなっているかの確認はOHが前提となります

漏れが止まることを祈って。。。

昨年10月にご紹介したエアコンのベストコースを実施してもガスが漏れてしまうビート。。。
そいう言えば!昨日バージョンZの配線について教えてくれたユーザーさん!
ご来店時に暑そうな顔をしてなかったので、恐らくエアコンは効いているんだろう♪

そんな症状と同様なビートが、今年2月に続きまたもや発生!
エアコンベストコースを数年前に実施し、しばらく問題なかったのですが今年の夏にガス漏れが発生。
チャージしても2週間程度で冷えなくなる始末^^;;

最近は慣れたもので(笑)上から覗いても滲んでいなくとも
image4_2017072310174974b.jpg

下から覗くとガス漏れ跡が!
image3_20170723101747ba1.jpg

やはりこのホースの
image5_201707231017500b4.jpg

かしめてある箇所から
image6_201707231017520e9.jpg

漏れる傾向があるようです。
image7_20170723101754ba5.jpg

ホンダさん!このホースの復活もご検討をお願いいたしますm(_ _)m

ちょっと前にもあったが。。。

ちょっと前にも紹介しましたが、今回のご依頼も「スピードメーターが動かなくなる」とのこと。
スピードメーター不動の場合に原因を考える上で大切なのが「オドメーターの動きとチェックランプ点灯の有無」になります。

ケース① スピードメーターのみ動かず(変な動きをする)オドメーターは動きチェックランプ等も点灯しない 
      この場合にはスピードメーター単体の不良 の可能性が大きいです

ケース② スピードメーター・オドメーター不動 チェックランプ点灯する
      この場合は車速センサーからの信号が送られて来ないのが原因で センサー不良・コネクター不良 が多いです。

今回の場合は②でコネクターを外してみると。。。
image1_20170714091347fff.jpg

良く見ると真ん中の端子が無くなっているのが分かります!(見えますかね?)
image2_201707140913492f8.jpg

センサー側にも水が浸入した形跡が!
image3_20170714091351700.jpg

今後増えるであろうトラブルに、端子・コネクター・シール類の新品を準備して対応していきます!

定番トラブルを動画で!

過去に何度もご紹介しているMTメインシャフトベアリングのガラガラ音のトラブルを動画でご紹介!

今回お預かりのビートはメーター修理でご来店頂いた際に、かなりの異音が生じていたのでご相談させて頂き入庫!
実際にミッションを降ろしてみると。。。

[広告] VPS

左側のミッションが通常の中古品で右側(後側)が今回の異音がしていたもの。
シャフトを回した際の「音」も違いますが、シャフトを左右に振ったときに右側は動きます^^;;

分解してベアリングを触ってみると
[広告] VPS

かなりガタがあることが分かりますよね!

メインシャフトを計測してみると
image3_20170706201441a3e.jpg
予想以上に削れてはいなく、標準値に入っていたので再利用を決定!(NGの場合には中古品対応)

音が大きくなればなるほど、他への損傷が増えるので早急の交換が必須だと思います!

甘い香りpart2!

ビートばかり扱っていると同じようなトラブルが重なることがあります1

昨日の甘い香りに引き続き、車検で預かりのビートからも。。。

クーラントが流れ出ている形跡があり!
image2_20170629081934349.jpg

根元を確認して見ると、ホースの付け根からクーラントが漏れていました!
image1_201706290819327ac.jpg

このまま放置し続けると、クーラント量が足りなくなりオーバーヒートする可能性もありますが、さらに最悪は
以前ご紹介したように、ホースが破裂し急激に水温が上昇しエンジンブローするようなことにもなります^^;;

やはり予防対策は本当に必要で、計画的に実施することを推奨いたします!
プロフィール

bodyshopkamimura

Author:bodyshopkamimura
BODY SHOP KAMIMURAがホンダの町「小川町」で悪戦苦労する毎日の小さな事柄を綴っていきます!
更新が精いっぱいでコメントまで手が回りませんので、ご質問等は直接メールにてお願いいたします^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
BODY SHOP KAMIMURA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR