FC2ブログ

異音と故障。。。

先日紹介したMTのお話の続きになります。

ユーザー様からのMTのOHの了解を得ていざ作業に!!
分解してみると。。。
シャフトを右に
NCM_3399.jpg

シャフトを左に
NCM_3400.jpg
実際には触ってみると良く分かるのですがベアリングはガタガタでシャフトが左右に揺れるんです^^;

そんな風に動くもんだから。。。
NCM_3403.jpg
ベアリングの下にあるオイルシールからMTオイルが漏れてしまったんですね^^;;

こんな配列で組まれているんですよ!
NCM_3406.jpg

さて。。。
ベアリングのガタの為これだけ揺らされていたメインシャフトが問題!
NCM_3405.jpg
MTのOH時はいつも測定するのですが一番の問題は今回漏れていた箇所のマニュアルのB地点
基準値21.977 - 21.990
限度値21.920

実測
NCM_3410.jpg
ベアリングが当たる部分は 21.979~21.980

しかし。。。
NCM_3407.jpg
オイルシールが当たる部分は 21.950
(計測器具当てながら写真撮影の為見難くてごめんなさい^^;;)

約0.03mmも上下で異なるんです^^;;
通常計測すると上下とも21.978~21.980前後でおさまるので再利用するのですが。。。
限度値に対しては範囲内なので大丈夫なのかもしれませんが、組んで直にまたオイル漏れが始まったら嫌だな^^;

残念ながらメインシャフトはすでにお客様ご相談パーツに。。。
中古品での対応か一か八かの賭けに出るか^^;; そんな風に今後はなっていくのかもしれませんね。

タイトルの異音と故障。。。
私が該当車両のユーザー様と試乗した際にはこんな重症患者だと思えるような音はしなかったんです。
ユーザー様は走っててとてつもない音がしていて修理しなきゃと思っていたら音が止まったと^^;
そんなことあるのかな?と思いながら「この程度の音であればMTまで開けなくても大丈夫かも」なんて
期待させてMTを降ろしてみればシャフトはグラグラ^^;;
全ての車両が該当するとは思いませんが、そんなケースもあるんだと学ばされた事例でした。 

コメントの投稿

非公開コメント

この部分なら

直す手はあるけど・・
削ってスリーブ入れれば良い。

おそらくベアリングのインナーが踊ってたんでしょう。

No title

B部は自動車メーカーによってはローラーベアリングなのに何でボールベアリングにしたんだろう?

BEATさんの一歩が欲しいね。

家だったら直せるよ! ってのが欲しいですね♪
すいません、偉そうに。  (^^;

No title

言い切れないのは、掛かるコストが許容できる人じゃないと・・・だから。
古いものを維持するのは金と時間がかかる。
この当たり前のことが理解できなきゃダメ。

・・・・ってこと。
プロフィール

bodyshopkamimura

Author:bodyshopkamimura
BODY SHOP KAMIMURAがホンダの町「小川町」で悪戦苦労する毎日の小さな事柄を綴っていきます!
更新が精いっぱいでコメントまで手が回りませんので、ご質問等は直接メールにてお願いいたします^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
BODY SHOP KAMIMURA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR