FC2ブログ

つづき

先日の「3速が走行中に抜けてしまう」MTの続き!

実際に分解前に走行しクラッチを踏まずにシフトを抜こうとすると通常の車両よりも簡単に
抜けてしまう状態であることを確認しているので何か原因があるはず。。。

先日の錆との因果関係は無さそう(むしろ動きが鈍くなるだろうし)なので更に分解してチェック!
気になっていたシンクロに大きな問題はなく。。。(もちろん折角なので交換はするけど)

シフトフォークも大きな損傷もなくシフトフォークシャフトに目をやると。。。
NCM_2214.jpg
一般的な中古シフトフォーク 右側が今回の車両のシフトフォーク 。。。

はい。すいません。
写真が上手に撮れてない為に分からないですよね違いが^^;;;;
言い訳になりますが。。。
作業の途中の汚い手で携帯撮影するために写真の確認もしないんです^^;;
しかも短気な性格ゆえにカメラが補正するまで待てなくてシャッターをなんて日常で^^;;;

組みあがり写真をPCに送って気づいた大失態でした。

NCM_2223.jpg
外したフォークASSYはもちろんあるので気を取り直して撮影を(笑)
この切欠き部分の上側が4速 下側が3速 になりスチールボールが上下に動きます。
中央に線傷が入っていますよね。 通常はこんな大きな傷はついていないんです。
線傷がある分緩くなり抜けやすかったんですね!
スチールボールも外見では変化はないように見えますが外径は多少小さくなっているのかもしれません。

原因は分かりませんが。。。
少なくともMTオイルの交換を小まめに行っていなかったことも要因の一つだと推測されます。

昨今 MT車両が激減している中で整備士の頭の中から「MTオイルの交換」自体が忘れられています。
これを見て「いつ交換したっけ?」なんて思っている方は是非早々に交換して下さいね!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bodyshopkamimura

Author:bodyshopkamimura
BODY SHOP KAMIMURAがホンダの町「小川町」で悪戦苦労する毎日の小さな事柄を綴っていきます!
更新が精いっぱいでコメントまで手が回りませんので、ご質問等は直接メールにてお願いいたします^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
BODY SHOP KAMIMURA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR