FC2ブログ

ダダ漏れでガラガラ異音(涙)

先日車検前の確認でご来店頂いたユーザー様のお話。

ご相談としては
・冷間時のアイドリングが不安定
・大量にオイル漏れが発生している でした。
簡単に点検を行い、必要そうな整備項目を提案し日を改めてご入庫頂きました!

まず気になったのがこのエンジン音

かなり大きな音が発生しています。
恐らくバルブクリアランスが極度に大きいのでは?と

あとはエンジンオイルの漏れ。
これは。。。「機関車みたいですね」と言われるくらいエアーインテークから煙が立ち上がっていました(笑)
写真は周辺を洗浄後に分解した写真です。
IMG_6231.jpg
タイミングベルトカバーの内側からも漏れているようでした!

その原因はカムシャフトオイルシールの取り付けに問題があったようです。
IMG_6241.jpg
斜めに挿入されているオイルシールには大量のオイルが付着していました^^;

プラグホールへのオイル侵入もあったので、カムシャフトホルダーのOリングの交換も予定していたのですが
ホルダーを外し前に異音の原因と思われるバルブクリアランスを計測すると。。。

エキゾースト側の中央値0.25mmに対して0.55が入ってしまうほどのクリアランスが^^;
インテーク側に関しても中央値0.15mmに対して0.65mmが入るほどでした^^;
正直、ここまではクリアランスが大きくなることはないと思いますので、組み付けの問題だと思われます。

その後カムホルダーを外してみると。。。
IMG_6247.jpg
※Oリングは既に取り外してしまった写真ですいません^^;

ホルダーには「バリ」が出るほど削られていて(涙)
IMG_6254.jpg

もちろんヘット側も同様な状態でした。
IMG_6255.jpg

「ヘットのみ中古品でOHを実施する」と言う選択しもありますが、オイル消費もそこそこある個体なので
やるのであればエンジンOHが好ましい個体だけに無駄に終わる可能性もあるので。。。

今回はバリを最低限落として従来の目的の作業を実施しました!

その後のエンジンは

音も静かになり安定するようになりました!
※このタイミングでマフラーなども交換しているので、アイドリング音を比べて下さい!

過去に一度ヘットは降ろしている形跡がありますので、恐らく作業者の知識不足により生じた結果だと思います。
もしかしたら、素人のレベルなのかもしれませんね^^;

次回のタイミングベルト交換のタイミングでは、中古エンジンをベースにOHのタイミングのようです!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

焼き付きの痕だな・・・
カムホルダの焼き付きで当たり面が削れ、タペットクリアランスが増大したものか・・
プロフィール

bodyshopkamimura

Author:bodyshopkamimura
BODY SHOP KAMIMURAがホンダの町「小川町」で悪戦苦労する毎日の小さな事柄を綴っていきます!
更新が精いっぱいでコメントまで手が回りませんので、ご質問等は直接メールにてお願いいたします^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
BODY SHOP KAMIMURA
For the 30anniversary
カウントダウンタイマー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR