FC2ブログ

気になるBODY^^

BEATの錆と言えば最初に頭に浮かぶのは「サイドシル」です!
今回ご紹介のサイドシルの錆補修は当社HPに記載しているようなサイドシルの切開を前提とした
大がかりな補修ではなく軽度なものの部分補修をご紹介します。
http://www.h3.dion.ne.jp/~restoa25/m-6.htm

サイドシルから錆が浮き出ているからって必ずしも切開してまでの補修が必要かと
言われればそうでもないんですよ^^
切開し再溶接の際には必ず熱を加えるので酸化現象により錆止めを施工していても
溶接部分は必ず将来的に錆が発生します。
新車の際にはモノコックの状態で溶接後処理するので錆びないのですが。。。

だから軽度の錆に関しては部分補修を行い酷くなってから切開をお勧めするのが現状です。

今回も外観からはこの程度
NCM_0477_convert_20120612184046.jpg

いざ 錆の部分を削ってみると
NCM_0478_convert_20120612184104.jpg
穴が開いてしまっていて^^;


よく見れば上側にも小さいですが予備軍が^^;
削ってみると。。。
NCM_0480_convert_20120612184139.jpg
ここにも小さな穴があり^^;;

サイドシルの合わせ目と含めて修理を決断!

修理方法は・・・
穴の開いたところを切り取り鉄板を当てて補修を行うんです!

つづく^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bodyshopkamimura

Author:bodyshopkamimura
BODY SHOP KAMIMURAがホンダの町「小川町」で悪戦苦労する毎日の小さな事柄を綴っていきます!
更新が精いっぱいでコメントまで手が回りませんので、ご質問等は直接メールにてお願いいたします^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
BODY SHOP KAMIMURA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR