FC2ブログ

続くんですよ^^;

昨日の「クラッチマスター トラブル」の連絡と時を同じに飛び込んできたトラブル!

「クラッチを踏んでも切れずにギアが入らない」 と連絡がありご近所だったので
まずは現状確認の為ご自宅に伺いました。(昨日と同じ症状です)
・クラッチマスター フルード量 満タン
・クラッチスレーブ作動確認 OK
以上のことから「クラッチ ディスク・カバー」周辺に異状ありと判断し積載車にて引き取りを!

実は数年前に当社でクラッチ関係を交換しているだけに なぜ????? と^^;
引き揚げ早速ミッションを降ろし故障探究!!

古い車ではある症状「クラッチ貼り付き」がなんとBEATにも起こっていました!
NCM_0437_convert_20120604193140.jpg写真で分かりますでしょうか?
クラッチカバーにディスクの模様の錆がくっきりついているのが^^;

写真を撮るのを忘れてしまったのですが。。。
NCM_0435_convert_20120604193055.jpg
(すでにペーパーで錆を除去してしまったフライホイールです)
フライホイールとディスクがガッチリ錆でくっついていて^^;
クラッチを踏んでも離れない状況でギアを入れることが出来ませんでした^^;

なぜ????
まず ユーザー様のお話だと随分と動いていなかった車両だそうです。
次に 保管環境が砂利の駐車場で比較的建物の陰で日当たりが悪く低い場所であったこと
(湿気 水気 水蒸気などは比較的多い場所)

最後に もしかしたら関係があるかもしれない原因として
NCM_0438_convert_20120604193231.jpg
点火時期を確認する為のグロメットがなかったこと でした!

以下のようにMT内に水分はなく。。。
NCM_0439_convert_20120604193314.jpg
水蒸気や湿度が原因かと思われます。

車検の際になどに必ずタイミングライトで点火時期を確認・調整するのですが
その際にグロメットがない車両が時々あります(20年の車歴のせいでしょうか?)
そういう車両は確かにフライホイールが錆気味なような気もするんですよね^^;

今後はない車両にはグロメットを取り付けるようにしていきます^^


また。。。
時々しか乗らない もしくは車検を切らして走行しない車両でも時々クラッチを切り
ギアを入れたりしてクラッチを作動させ固着(錆びさせないように)しないよう気を付けましょう!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bodyshopkamimura

Author:bodyshopkamimura
BODY SHOP KAMIMURAがホンダの町「小川町」で悪戦苦労する毎日の小さな事柄を綴っていきます!
更新が精いっぱいでコメントまで手が回りませんので、ご質問等は直接メールにてお願いいたします^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
BODY SHOP KAMIMURA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR