確証はなく確立の話なのですが。。。

最近増えてきているフロントロアアームのガタ発生トラブル!

もちろんブーツが切れてグリスが無くなりボールジョイントにガタが発生するのは「予防ミス」が原因なのですが
最近ブーツが切れていないのにガタが出ているケースが時々見受けられ。。。

そのケースに共通する法則があるんです!
下の写真は取り外した左右ロアアーム(共に切れていはいません)
見て分かるように左右で形が異なります。
image3_20161015081737adc.jpg
写真左が恐らく新車当時と思われるブーツ、写真右側は既に交換済みの社外品ブーツ

このブーツを外してみると
image4_201610150817389f4.jpg
既に交換済みの右側のブーツの中には水分が侵入したと思われる形跡が!
右側のボールジョイントには通常よりも少し多めにガタが発生していたんです。

これが「新車当時のブーツが切れてガタが少しある状態で交換されたもの」なのか?
もしくは「何らかの理由で交換後に水分が侵入してグリス性能が劣化した結果起こった」ものなのか?
正直分かりません。

ただ。。。ブーツが切れていないのにガタが発生しているケースが立て続けに3ケース発生しているなかで
全て同様な社外品のブーツが取り付けられ、内部も同じようになっていたのです。
image5_20161015081739863.jpg
どこから侵入しているのか?は分かりませんが、ロットを締めている口の形状も多少異なるため
ここの耐久性などの純正品との違いがあるのかもしれません。

確証はなく確立論でご紹介して良いものか?と少々迷いましたが、このパーツに関しては
純正品を使用することを弊社では推奨させて頂いています!

※あくまで弊社の経験上の話であり、社外品=NG と言う訳ではございませんのでご理解ください

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bodyshopkamimura

Author:bodyshopkamimura
BODY SHOP KAMIMURAがホンダの町「小川町」で悪戦苦労する毎日の小さな事柄を綴っていきます!
更新が精いっぱいでコメントまで手が回りませんので、ご質問等は直接メールにてお願いいたします^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
BODY SHOP KAMIMURA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR