定番すぎるのですが。。。

ビートのタイミングベルト交換は使用条件にもよりますが、一般的には5万km~6万kmと言われています。
その際にビートユーザーの中では定番となっている主な同時交換部品として
・ウォーターポンプ
・シリンダー判断センサー etc
があるのですが、新しくユーザーになるい方が購入時にそこまで踏み込んで交換依頼しないケースも少なくありません。

シリンダー判断センサーは1番シリンダーの状態をECUに知らせるセンサーなのですが
image5_201607261627353f9.jpg
左が熱で溶けているセンサー 右が新品 と言うようにこれだけの違いがあります。

スポロケットプーリ内側の突起に反応するのですが、溶けてセンサーの位置がずれるとチェックランプが点灯!
image7_201607261627570f4.jpg

そうなるとセンサー交換となるのですが、その際にはタイミングベルトを取り外さなければなりません。
5~6万km程度ではそこまでならないのですが。。。
2回目の10万km~12万kmまで持つかと尋ねられると何とも言えないのが現状です!

ウォーターポンプはどの車種でも共通認識で交換するのですが、シリンダー判断センサーも要交換と
考えて頂いて良いと思います!
新たに購入される方は是非その辺も追加でお願いして見て下さい!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bodyshopkamimura

Author:bodyshopkamimura
BODY SHOP KAMIMURAがホンダの町「小川町」で悪戦苦労する毎日の小さな事柄を綴っていきます!
更新が精いっぱいでコメントまで手が回りませんので、ご質問等は直接メールにてお願いいたします^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
BODY SHOP KAMIMURA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR