昨日のつづき^^

タイミングベルトカバーを取り外すとダストが沢山付着している原因は下の写真のスプリングにあるんです!
image5_20160602171300a8e.jpg
写真は取りついていた通りに撮影しているのですが、これは間違えであり原因でもあります!

分かりやすくするとこれがNGの取り付け方
image9_20160602171323682.jpg

これが正しい取り付け方!
image10_201606021713248dd.jpg

スプリングの位置がドライバーの位置で見比べて頂けると違うのが分かります!
NGの取り付け方ですとより手前にスプリングが出てきてしまうのでベルトと干渉します。

NGの方で取り付けると。。。
image12_2016060217132690b.jpg

スプリング(正確にはスプリング手前)干渉します!
image13_20160602171349372.jpg

正規に取り付ければ。。。
image14.jpg

スプリングとは干渉しません!
image15.jpg
※降りているエンジンで撮影したのですが、微妙な距離感で分かり難くてすいません^^;;)

しかも今回の車両は、タイミングベルトは張りが弱く音が出ている程でしたので。。。。
通常よりも余計にベルトが触れるため干渉が激しかったんだと推測されます。
(実際ベルトカスがある車両でもここまで多いのは珍しいです)

ともかく、切れる前に交換が出来て良かったと思います!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bodyshopkamimura

Author:bodyshopkamimura
BODY SHOP KAMIMURAがホンダの町「小川町」で悪戦苦労する毎日の小さな事柄を綴っていきます!
更新が精いっぱいでコメントまで手が回りませんので、ご質問等は直接メールにてお願いいたします^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
BODY SHOP KAMIMURA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR