「走行中止まる」が出た際の確認事項 つづき

昨日の続きで、走行中にいきなりエンジンが停止し再始動の際に燃料ポンプの作動がなかった場合
大概が「即再始動」が出来ないことが多いです。5分~10分経過後に再始動可能な場合にはメインリレーの可能性大!

メインリレーの
NCM_5511.jpg

半田が輪切れして接点不良を起こします!
NCM_5512.jpg

最近のケースでは、数年~10年位前に交換したのだけど。。。と言われる方もいるのですが、既に交換済みの物でも
この異常なほどの暑さで輪切れを起こすものもあるようです!

もうひとつベタな故障で言うと以前にもご紹介しているキーシリンダーSWの接点不良!!
NCM_5181.jpg
このケースは「再始動可能」な場合と「再始動が時間をおいても不可」と言うケースがあります。
再始動の際に 通常はキーを回転させエンジンが始動するとキーから手を離しますが、手を離さず手動でゆっくり
キーを「ON」の状態に戻してみて下さい!
初期症状の状態でしたら再始動が出来る可能性があります!(←しかしまた止まる可能性が大ですので応急的な処置です)

その他にもイグニッションコイル不良、イグナイター不良、燃料ポンプ不良などなど様々な症状があるのですが
タイベルでも切れていない限り大概が電装関係のトラブルが多いです!
昨日も申し上げましたが、時々出るトラブルに関して実車をお持ちいただいても症状が出ませんと私にも分かりません^^;

突然発生するトラブルに対応するだけでも大変だとは思いますが、可能な限りその際の状況を確認しお話頂けますと
故障探究の役に立ちますのでご協力をよろしくお願いいたします!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bodyshopkamimura

Author:bodyshopkamimura
BODY SHOP KAMIMURAがホンダの町「小川町」で悪戦苦労する毎日の小さな事柄を綴っていきます!
更新が精いっぱいでコメントまで手が回りませんので、ご質問等は直接メールにてお願いいたします^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
BODY SHOP KAMIMURA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR