つづき。。。

昨日の紹介したエンジンを分解してみると。。。
シリンダーヘットにも。。。
NCM_5241_20150613083115923.jpg

ブロックにも。。。
NCM_5238_2015061308311419b.jpg

もちろん 抜けていると診断されたガスケットの
NCM_5243_2015061308311634a.jpg

上下共に抜けた形跡はなく。。。
NCM_5245.jpg

内部にはオイルとクーラントが混じった液が隅々まで。。。
NCM_5247_20150613083117253.jpg

変色したオイルが行きわたっていました^^;
NCM_5249.jpg

推測になりますが。。。
恐らくどこかのタイミングでクーラントをエンジンオイルの入れ口より注入されたのだと思います^^;
オーナー様ご家族に保管中のメンテを依頼していたのでどのタイミングで混入したのか?は不明ですが
トランクを開けた場所にある「オイル注入口」は一般的な車には存在しない分間違えることもあるんですよね。

幸い分解してみると、混入後の走行距離が少なかったため各部の損傷もなくエンジンOHで解決出来そうです!
オーナー様の「運行前点検」が最悪の事態を救ったのだと思います^^v

皆さんも自分の車の状況をその都度チェックする習慣をつけましょう!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bodyshopkamimura

Author:bodyshopkamimura
BODY SHOP KAMIMURAがホンダの町「小川町」で悪戦苦労する毎日の小さな事柄を綴っていきます!
更新が精いっぱいでコメントまで手が回りませんので、ご質問等は直接メールにてお願いいたします^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
BODY SHOP KAMIMURA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR