今回の不動の原因は。。。

今回ロードサービスで運搬されてきたビートの症状は

【クラッチが切れたまま繋がらない】
 ・クラッチをいっぱいまで踏み込んだ時、クラッチペダルが戻らず、クラッチが切れたままの状態になる。
 ・手でクラッチペダルを戻しても、クラッチは切れたままの状態。(ペダルは踏み応えなくスカスカ)
 ・暫く(5~10分ほど)放置すると、自然回復する。
 ・回復後、クラッチをいっぱいまで踏み込むと再び切れたままになる。
 ・回復後、クラッチをいっぱいまで踏み込まない(7割程度)状態であれば切れたままの状態にはならない。
  (ただし、切れたクラッチが戻るスピードが遅い?ようで、ワンテンポ遅れて繋がる感じがする)
 ・後に放置しても回復せずクラッチが切れたままで、ペダルは踏み込めない。
と言う症状でのご相談の上での入庫でした(そのままコピペさせてもらっています^^)

原因はクラッチスレーブの固着か、クラッチディスク周辺のトラブルだろうとスレーブ確認!
image1_2017080117341983d.jpg

良く見ると、スレーブが押されたままの状態になっているではないですか!
image2_20170801173422a51.jpg

スレーブを取り外そうとしても。。。ピストンが押し出されてたままの状態なので固く^^;;
image3_2017080117342407d.jpg

何とか外してブーツを外してみると真っ赤(滝汗)
image4_2017080117342646f.jpg

指で押してもピストンはまったく動かず固着していました^^;;
image5_20170801173428ea1.jpg

恐らくスレーブのカップからフルードが漏れ、趣味車両として時々乗られる状況でしたので固着したのだと推測。
やはり適度に乗りながら、定期的な消耗品の交換が必要になってきます。

スレーブ内部の固着に関しては、車検や12か月点検では点検しない項目ですので私にも分からないんですよね^^;
※もちろん正常に作動しているか?は確認しますが、内部の状況がどうなっているかの確認はOHが前提となります
プロフィール

bodyshopkamimura

Author:bodyshopkamimura
BODY SHOP KAMIMURAがホンダの町「小川町」で悪戦苦労する毎日の小さな事柄を綴っていきます!
更新が精いっぱいでコメントまで手が回りませんので、ご質問等は直接メールにてお願いいたします^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
BODY SHOP KAMIMURA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR